ホーム > 改修工事 > 外断熱工法

外断熱工法

サイディング・ALC・折半の上に断熱材を貼って、断熱材に組み込まれている胴縁に仕上げのサイディングを貼る外断熱改修工事になります。

当社で推進している外断熱工法は、岩倉化学工業㈱製のカルナ・スタットボードを使用しています。
  カルナ・スタットボードは「特殊プラスチック補強材付き断熱複合パネル」のため、
  ①軽量
  ②加工が容易
  ③空気層を確保できる
という特徴をもっています。

      

断熱性能を発揮する発砲ポリスチレンは、撥水性に優れていて、吸水量の少ない性質を持ち、水による悪影響を受けにくい断熱材です。
その一方で、胴縁を兼ねる特殊プラスチック補強部材の段差によって生まれる空気層により、壁体内の環境を最適に保つことを可能にしました。

             

      

この特殊プラスチック補強部材(高密度ポリスチレン発泡体)はビス止めが可能です。
下地材・緩衝材を使用することなく、多様な外壁材・屋根材を直接設置することが可能です。

       

      

当社では以下のような物件に提案を致しております。

ALC外壁材を使用している建物
窯業系サイディングを使用している建物
スレート屋根・外壁を使用している工場・倉庫

      

       
  

担当スタッフからのコメント

建物を丸ごと、リーズナブルに、外断熱に改修工事してみませんか?

カルナ・スタッドボードは断熱材に胴縁が組み込まれています。それが少し飛び出ているため空気層が確保されます。既存のサイディング・ALC・屋根材の上にカルナ・スタットボードを貼り、セットの胴縁に金属サイディング等を貼ってみてください。断熱効果が上がり、見た目も美しくなります。 

まずは資料を見ることからはじめてみませんか?
お問い合わせ
電話番号 045-251-3864 受付時間 平日9:00~17:00
星通商株式会社

〒231-0057 横浜市中区曙町5-63-10
TEL 045-251-3864 FAX 045-252-9006

ホーム | 会社案内 | お問い合わせ | サイトマップ

Copyright© 2020 星通商 All Rights Reserved.