ラムダ

押出成形セメント板 ラムダ

免震・耐震・制震技術

押出成形セメント板ラムダはサイディング材に比べて質感・高級感があり、木造・鉄骨造の建物をコンクリート打放しのような風合いに仕上げることができます。
シャープなのに温かみがあるということで、建築家にファンが多く、オートクレープ養生・本実構造・中空形状という優れた特徴により、非住宅の建物に使われることが多い外壁材です。

外壁の他に、かつてブロック・レンガを使われていた地下二重壁・屋上防水保護板にラムダが使わることが多く、今では標準工法になっております。


ラムダ地下二重壁工法

建物の地下をはじめ、地下鉄・地下街などで活躍するのがラムダを使用した地下二重壁です。防水性・防露性はもとより、施工性・メンテナンス性もよく、空間の美観向上にも寄与するラムダです。

 

ラムダ屋上防水立上り保護工法

メンテナンスも簡単、アスファルト防水層の蓄熱を防止します。

ラムダは「施工の省力化・工期短縮」を実現いたします。