外断熱工法

当社で推進している外断熱工法では、岩倉化学工業株式会社製の「スタットボード」を使用しております。
ビーズ法ポリスチレンフォーム保温板に、特殊プラスチック補強材を組み込んだ、型枠兼用断熱材であるスタットボードは、仕上材に合わせて、縦にも横にも使える断熱パネルです。

 

軽量で通気層工法に対応
特殊プラスチック補強材は強固な支持材(合成木)があり、外装はもちろん内装材の取付けが可能なマルチパネルです。解体工程がなくなり、内装下地材工事が不要となるため工期短縮が可能です。
また屋根材、サイディング・タイル・板金など多種多様な外壁材に対応致します。
下地材には合成木材を標準装備
合成木材を使用しているため、白アリの餌食にはならない素材です。
現場で加工が容易、廃材も発生しません
軽量で取り回しが良く、丸ノコ(チップソー)で簡単に切断できます。また施工後に廃材が発生しません。

 

下地用の合成木はビスが効き、様々な種類の胴縁材を取り付ける事が可能です。
内外装の下地材に転用できます。


施工事例
(横浜市港南区H邸)

ラムダサイディングの建物を外断熱リフォームしました。

型枠兼用断熱材(スタットボード)をボンドとビスで止めて、その上から金属サイディングを貼りました。
サイディングの建物だけでなく、ALCやRC等の建物も下地鉄骨なしで簡単に外断熱改修を行えます。