屋上防水・外壁シーリング・塗装工事

屋上や外壁・外壁と外壁の間のシールは紫外線や雨・風にされされている状態にあると劣化がさらに進み、下地や土台が腐敗、雨水が屋内に侵入してきてしまいます。また、シールは硬くなると目地が寒暖差などで伸縮したときに対応しきれず、ヒビが入ったり隙間ができてしまう可能性もあります。

防水性や気密性を高めるためにもシーリングや塗装工事は重要です。